賃貸はインターネット工事許可が必要?理由と工事不要な場合とは!

賃貸はインターネット工事許可が必要?理由と工事不要な場合とは!

賃貸でアパートやマンション・一戸建てに住む場合に、インターネット(光回線)を契約する場合には工事が必要な場合と不要な場合があります。

 

どんな場合に工事が必要なのかや、工事するならどんな工事をするのかなど、インターネットの工事についてまとめてみました。

 

インターネット回線(光回線)で行う工事について

光回線工事は、フレッツ光を提供しているNTTが行うことがほとんどです。

 

実際には、NTTから委託された業者が工事に来ます。

 

工事自体は1時間前後で終了することがほとんどですが、通常立ち会いが必要になります。

 

なので、工事する場合には事前に工事の日程などを打ち合わせをして、家にいるようにしなくてはいけません。

 

 

その程度で終わる工事なので、作業はそれほど複雑ではありません。

 

ただ、建物の構造によって手順は少し変わってきます。

 

大まかな手順は、近くに電柱(電柱がない場合は地下)から光ファイバーのケーブルを室内に入れて完了です。

 

状況により変わるのが、外から中に入れる部分です。

 

 

通常はエアコンダクトの穴や既存の電話線の配管などを利用して部屋の中に引き込みます。

 

しかし、それらが使えなかった場合には、壁にケーブルを通す穴を開けて室内に引き込みます。

 

そこまで完了すると、壁に光コンセントと呼ばれる差込口ができていて、そこからONU(光回線終端装置)と呼ばれる機器に光ファイバーの線が繋がりれます。

 

この装置が、デジタルデータを光に変えたりその逆のことをしたりしています。

 

 

最後に、業者がきちんと通信できるのを確認したら、工事は終了になります。

 

大家さんに許可が必要な理由

賃貸で工事を行うには、大家さんの許可が必要です。

 

理由としては、場合によっては壁に穴を開ける必要があるため、小さいとはいえ建物に傷をつけることになるからです。

 

また、工事の際には高所作業車などと一緒に複数人の作業者が来ます。

 

大家さんや管理会社が何も知らないで、そういった作業員が来ているのを知ったらびっくりしてしまいますからね。

 

不要なトラブル予防のためにも、しっかりと連絡をして許可をもらうようにしましょう。

 

まれに、工事を許可しない大家さんや管理会社があります。

 

そういった場合の対処法は後ほど紹介します。

 

インターネット回線を契約するのに工事が不要な場合とは

上記のように大家さんに許可がもらえなかった場合や、そもそも工事が不要な場合があります。

 

また、光回線にするなら許可や工事が必要でも、それ以外の方法で工事をなくしてしまう方法があります。

インターネット対応賃貸

そもそも借りた住まいが、インターネットに対応している物件の場合は、すでにインターネットに繋ぐ方法があったりします。

 

いくつかパターンがあるので、それぞれ紹介します。

アパートやマンションでインターネットの工事が完了済みの場合

フレッツ光にはマンションなどの集合住宅向けの光回線があって、すでにその工事が済んでいる場合は、改めて工事は不要になります。

 

賃貸はインターネット工事許可が必要?理由と工事不要な場合とは!

 

イメージはこういう感じで、住宅の共有スペースまで光回線を引き込んで、そこから各戸へ配線をしているパターンです。

 

NTTなどの光回線業者との契約は必要ですが、工事が済んでいるので開通までは短いです。

 

前の住人が工事済み

賃貸なので、前に住んでいた人が大家さんなどと話をしてすでに工事が済んでいる場合があります。

 

通常であれば、工事したものを撤去してから退去するのはかなり稀なケースなので、室内に光コンセントなどがあればラッキーです。

 

すでに工事済みの可能性が高いです。

 

NTTに問い合わせると、工事済みか調べてもらえます。

 

工事済みであれば光回線業者と契約をするだけで使えるようになります。

 

工事が不要なだけで、ONUは必要になるため契約して当日というわけには行きませんので、今すぐ使いたい場合であれば注意してください。

 

モバイル回線なら工事不要です

大家さんや管理会社の許可がもらえなかったときには、インターネットをモバイル回線で行うという方法があります。

 

スマホでテザリングするという方法もないわけではないですが、容量の問題があるのでモバイルルーターを使ったモバイル回線のほうが良いでしょう。

 

モバイルルーターは月の使用量が無制限のプランがあります。

 

光回線と比べても費用は安いです。

 

ただ、光回線に比べると速度が出ないことと、選ぶ回線にもよりますが多少の制限があります。

 

メリットとデメリットを理解して使えば、モバイル回線も十分に検討する余地がありますよ。

 

光回線とモバイル回線どっちがおすすめ?選ぶ基準について

どちらがおすすめかは使い方によります。

 

光回線の方が良い人は、たくさんの人数で同時にインターネットに接続したい人です。

 

回線速度が早く、完全に無制限で使用することができるのが理由です。

 

回線の速度は、同時に使うのであれば一人あたりに均等に分けられるので、もともとが高速の光回線なら一人あたりの通信速度を確保できます。

 

もとが100Mpbsの速度で通信できる環境であれば10人(10台の通信機器)で同時接続しても、一人あたり10Mbps確保できます。

 

また、複数人で同時使用するということは、通信量もそれなりにしようしますので、このあと書くモバイル回線の制限も気にする必要がなくなります。

 

 

一方モバイル回線についてですが、選ぶ機種にもよりますが、持ち運びができるのが一つの利点です。

 

持ち運べることの利点ですが、家のネット環境が持ち出せます。

 

それによってスマホの通信量を減らすことができます。

 

もっと容量が少ない契約に変更できるので、スマホの通信費を減らすことができます。

 

外で使えるということは、パソコンなどを持ち歩く人にとってもメリットがありますね。

 

モバイル回線自体の費用も光回線よりは安いので、スマホと合わせれば通信費を大きく削減できますね。

 

 

ただ、注意点としてはモバイル回線の代表WiMAXを例にすると、3日間で10GBの通信量の制限があります。

 

月全体では無制限になっているので、気をつけるのは3日間の通信量です。

 

制限自体は、スマホと比べるとゆるくて18時〜26時の間で、速度も1Mbpsなので制限がかかっても使いものにならないということはないです。

 

ちなみにスマホの制限時の速度は128kbpsなので、同じ制限時でも8倍以上の速度が出ます。

 

制限の時間も特徴的で、スマホなどは1日制限されますが、WiMAXなら18時〜26時に制限がかかるので日中は無制限になっています。

 

 

自宅でしか使わないという人であれば、ホームルーターという選択肢もあります。

 

回線はモバイル回線なので、工事は必要ありません。

 

モバイルルーターとの違いは設置型で外で使うことが考えられていない点と、接続できる台数です。

 

モバイルルーターは同時に接続できるのが10台程度なのに対して、ホームルーターは30台と接続できる台数が多いです。

 

家族で使うことを想定しているのであれば、持ち歩くことも無いでしょうし接続台数も増える傾向にあるのでホームルータータイプが良いでしょう。

光回線とモバイル回線のそれぞれのおすすめはコレ!

光回線もモバイル回線も取扱業者が多数あります。

 

料金やサービスを比較しておすすめの業者をピックアップしてみました。

光回線

NTTのフレッツ回線を直接申し込むより、それを借りてサービスを展開している光コラボの方がお得

 

モバイル回線

broadWiMAX

 

UQモバイル

page top